カテゴリー別アーカイブ: 未分類

正規化

正規化はデータの冗長性を排除し、独立性を高めるために行う。
冗長性があると更新時異状が発生するため、「1事実1箇所」にする事で正規化していく。

正規化を行わない場合、追加や削除を行った場合にデータの整合性が保たれない。
例:あるデータを追加したいが、別のデータが必要になり追加できない。
例:あるデータを削除すると、別のデータが消えてしまう。

また、冗長性があるため、更新処理のコストが高くなる。
例:あるデータを更新すると、同じデータを持つすべてのデータを更新する必要がある。

■正規化するために必要な用語
関数従属性・・・ある列の値Xが決まると、別の列の値Yも決まるとき、YはXに関数従属である。表記:X→Y
推移的関数従属性・・・ある関数従属関係から、新たな関数従属関係が得られるような場合。X→Y、Y→Zのとき、X→Zは推移的関数従属性を持つ。
完全関数従属・・・キーの全てにのみ従属する。{A,B}→Cののときに、A→C、B→Cが成り立たない。
部分関数従属・・・キーの全てまたは一部に従属する。{A,B}→Cの時に、A→CやB→Cが成り立つ場合。

■正規形の種類
実務では、基本的に第3正規形までを使用するが、利便性やパフォーマンスを考慮して非正規化することもある。

非正規形・・・正規化が行われていない状態。受注伝票を1テーブルで表現した様な場合。
第1正規形・・・キーを設定し、繰り返し、導出項目を排除する。
第2正規形・・・部分関数従属性を取り除く
第3正規形・・・推移関数従属性を取り除く
ボイス・コッド正規形・・・非キーからキーへの関数従属性を取り除く
第4正規形・・・対称性のある多値従属性を分解する。
第5正規形・・・結合従属性を維持して分解する。

■参考資料
http://www.slis.tsukuba.ac.jp/~uda.norihiko.fw/lecture/database/

SSLサーバー証明書 SHA2移行対応

ハッシュアルゴリズムのSHA-2移行とは | シマンテック SSL
SHA-1 証明書の受付終了と SHA-2 証明書への移行について|サイバートラスト
電子証明書 SHA-1からSHA-2への移行について│SSL・電子証明書ならGMOグローバルサイン

移行せずに放置した場合のリスク

ブラウザの実装によって警告表示や接続拒否a

移行した場合のリスク

訪問者様が利用されるブラウザや、ウェブサーバの種類、バージョンによってはSHA-2対応版をインストールするとアクセスができなくなる場合がございますのでご注意ください。

→特に、ガラケーがアクセス数ベースで7割程度の対応状況

SHA2への対応状況

ハッシュアルゴリズムのSHA-2移行とは | シマンテック SSL

ケース別対応例

1.ガラケーアクスス無しなら・・・次の更新でSHA2対応証明書を取得
2.ガラケーアクセス有りなら・・・2016年いっぱいまでSHA1で運用しつつ、通知→2017年移行が期限となる証明書の取得時から強制的にSHA2

SHA2に対応するには

-SHA2を付けてCSRを生成する。
./openssl req -new -sha256 -key (秘密鍵ファイル名) -out (CSRファイル名)

その他

SHA256はSHA2のバリエーションのひとつ

待ち行列(M/M/1)

意味

M:サービス要求の到着間隔がランダム(ポアソン分布)
M:窓口を使用する時間は要求ごとにランダム(指数分布)
1:待ち行列のサービス窓口は1つ

公式

$$(平均待ち時間)=\frac{(利用率)}{1-(利用率)}\times(平均処理時間)$$

使用例

[条件]
処理要求:10件/秒
単位時間の平均処理数:12.5件/秒

[利用率を求める]
12.5件の処理が可能なところに、10件を処理する
$$(利用率)=\frac{10}{12.5} = 0.8$$

[平均処理時間を求める]
1秒で12.5件を処理できる
$$(平均処理時間)=\frac{1}{12.5}=0.08秒$$

[平均待ち時間を求める]
$$(平均待ち時間)=\frac{(0.8)}{1-(0.8)}\times(0.08)$$
$$(平均待ち時間)=0.32$$

参考

ネットワークの数学 – M/M/1:ITpro
情報処理推進機構:情報処理技術者試験:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2011、平成23年) – ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問2 設問2