カテゴリー別アーカイブ: ネットワーク

サブネットマスク、CIDRアドレス

例)「210.148.149.96/27」が表すIPアドレスの範囲と、使用可能なホストの数を計算する。

1.IPとマスクをそれぞれ2進数にする。

210.148.149.96
———————————–
11010010 10010100 10010101 01100000
11111111 11111111 11111111 11100000
———————————–
27ビット(マスクされていない5ビット分(32個)が使える)

2.ネットワークアドレスを求める(論理積)

———————————–
11010010 10010100 10010101 01100000
———————————–
210.148.149.96

3.IPアドレスの範囲
210.148.149.96/27 は、
210.148.149.96を含む5ビット分(32個)を表している
210.148.149.96 – 210.148.149.127

4.使用可能なホストの数
先頭はネットワークアドレス、末尾はブロードキャストアドレスなのでホストには使えない
ネットワークアドレス:210.148.149.96
ブロードキャストアドレス:210.148.149.127
ホストアドレス:210.148.149.97 – 210.148.149.126
ホスト数:32

呼量(アーラン)、呼損率

電話をかけてから切るまで(トランザクション)の通話時間。
単位はアーラン。

呼量

単位時間あたりの通話時間の合計。
$$(呼量)=\frac{(呼数)\times(平均利用時間)}{(対象時間)}$$

呼損率

話し中で接続を拒否される割合。
$$(呼損率)=\frac{(電話がつながらなかった回数)}{(電話をかけた回数)}$$

回線数が複数の場合の呼損率計算は複雑なので、通常は呼損率表を用いて導く。
呼損率を導くためには「回線数」と「呼量」が必要。

回線数が10本、1時間あたり36件の電話がかかってきて、
1件あたり10分の通話行う場合。
$$(呼量)=\frac{36件\times10分}{60分}=\frac{360}{60}=6アーラン$$
回線数10本と6アーランを使って、呼損率表を参照する。

参考

ネットワークの数学 – 呼量と呼損率:ITpro
IP電話とは – 呼量、呼損率、呼損率表

待ち行列(M/M/1)

意味

M:サービス要求の到着間隔がランダム(ポアソン分布)
M:窓口を使用する時間は要求ごとにランダム(指数分布)
1:待ち行列のサービス窓口は1つ

公式

$$(平均待ち時間)=\frac{(利用率)}{1-(利用率)}\times(平均処理時間)$$

使用例

[条件]
処理要求:10件/秒
単位時間の平均処理数:12.5件/秒

[利用率を求める]
12.5件の処理が可能なところに、10件を処理する
$$(利用率)=\frac{10}{12.5} = 0.8$$

[平均処理時間を求める]
1秒で12.5件を処理できる
$$(平均処理時間)=\frac{1}{12.5}=0.08秒$$

[平均待ち時間を求める]
$$(平均待ち時間)=\frac{(0.8)}{1-(0.8)}\times(0.08)$$
$$(平均待ち時間)=0.32$$

参考

ネットワークの数学 – M/M/1:ITpro
情報処理推進機構:情報処理技術者試験:問題冊子・配点割合・解答例・採点講評(2011、平成23年) – ネットワークスペシャリスト試験(NW)午後Ⅰ 問2 設問2

SFTP/SCP/FTPSの違い

SFTP (SSH File Transfer Protocol)

SSHの仕組みを使ってファイル転送を実現する。

SCP (Secure copy)

SSHの機能を使ってrcp (Remote copy 旧来のファイル転送)を実現する。

FTPS (File Transfer Protocol over SSL/TLS)

FTPで送受信するデータをSSLまたはTLSで暗号化する。

違う点

  • FTPSは現状のFTP通信を暗号化するので、vsftpdなどのFTPサーバーを使用する。
  • SFTPとSCPはどちらもSSHの仕組みや機能を使う。
  • SCPは旧来のrcpコマンドと同様の機能をセキュアに実現できる。
  • SFTPはFTPに似たコマンド体系で、rcpよりも高機能。

どれを使う?

導入の容易さ、機能面で1.SFTP,  2.SCP,  3.FTPSの順で良いのでは。

WinSCPで新規接続を作成する場合の選択肢も上記の順になっていて、デフォルトではSFTPが選択されている。
20141008_winscp
※FTPは選択した後に通常のFTPか暗号化する(FTPS)かを設定する

参考資料