SFTP/SCP/FTPSの違い

SFTP (SSH File Transfer Protocol)

SSHの仕組みを使ってファイル転送を実現する。

SCP (Secure copy)

SSHの機能を使ってrcp (Remote copy 旧来のファイル転送)を実現する。

FTPS (File Transfer Protocol over SSL/TLS)

FTPで送受信するデータをSSLまたはTLSで暗号化する。

違う点

  • FTPSは現状のFTP通信を暗号化するので、vsftpdなどのFTPサーバーを使用する。
  • SFTPとSCPはどちらもSSHの仕組みや機能を使う。
  • SCPは旧来のrcpコマンドと同様の機能をセキュアに実現できる。
  • SFTPはFTPに似たコマンド体系で、rcpよりも高機能。

どれを使う?

導入の容易さ、機能面で1.SFTP,  2.SCP,  3.FTPSの順で良いのでは。

WinSCPで新規接続を作成する場合の選択肢も上記の順になっていて、デフォルトではSFTPが選択されている。
20141008_winscp
※FTPは選択した後に通常のFTPか暗号化する(FTPS)かを設定する

参考資料

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です